● NO BAD NEWS ●

〜渡邉亜希子が書いてます〜
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
三響會特別公演 『伝説と伝承』
新橋演舞場へ夜の回を観に行ってきました。
三響會は歌舞伎と能の囃子方、
亀井広忠さん・田中傳左衛門さん・田中傳次郎さん三兄弟による公演。
平成九年から行われているようですが、
今年から歌舞伎に通うようになった新米なあたくしは
もちろん初めて拝見したのでした。
はぁ…すごく良かった!です。
お三方とも私と2〜5才しか違わないのに…すごいなァ…
なんてあたしは遊んでばっかで生きてきたんだろう。
と落ち込んでみたりもする(笑)。

まず囃子競演ということで
なんと和太鼓の林英哲さんとの競演!
初・林英哲さんの和太鼓…始めの音で鳥肌が立ち涙が出ました。
久々の和太鼓ということもあったけど、
とてつもなく引き込まれてしまいました。

その後も中村七之助さんの「藤娘」、
市川亀治郎さんの歌舞伎「安達ヶ原」、
そして片山清司さん・野村萬斎さんの能「安達ヶ原」。

ここまで読んでいただけると気付かれると思いますが。
そう!囃子・歌舞伎・能が一度に楽しめてしまうのです!
しかも「安達ヶ原」の能バージョン・歌舞伎バージョンを見比べられる。
こんなこと、他じゃ無いです。
お能は初めてだったんだけど、楽しめた〜◎
もっともっと分からないと思ってた。
新たな体験をさせて頂いた三響會の公演に感謝。。。
次回も楽しみです。

この三響會公演はNHKで放送されることが多いようなので、
興味のある方は観てみてください。

ちなみに。
歌舞伎「安達ヶ原」には段四郎さんも出ていらっしゃいました。
ちょっとコミカル(?)な役は初めて観ましたが素敵〜。
亀治郎さんはこの世の者ではない存在感(鬼だったので)が
ものすごくて。しばらく舞台で観られないのが本当に残念です悲しい
まぁ大河も楽しみなんだけど(笑)。

キリがないのでこのへんで。
| あきこ | STAGE | 04:03 | comments(0) | trackbacks(1) |
風雲かぼちゃの馬車 旗揚げ公演 『チェスト寺田屋』
ボーナスストレッチメンバーのマサカズ氏が客演している舞台を観に
「シアター・バビロンの流れのほとりにて」へ行く。
ここは『GNH』をやった劇場なので、ちょっと懐かしかったです。
遠いけど(笑)。

寺田屋事件をモチーフに、
歌あり踊りあり殺陣あり笑いありの作品でした。
前半のテンポがとても速かった。
曲がちょっと多かった気がしました。常に音楽が流れている感じ。
終盤はそんなでもなかったけど。
みんなとても体が動いていて、躍動感のある舞台でした。
1時間半だったのだけどちょっと長く感じちゃった。
主宰(だよね?)の土井ちゃんは歴史好きなのかしら?
次も歴史ものみたいだし。

マサカズがさらさらヘアーで踊っていて、新鮮でした(笑)。
お疲れさま〜。

あぁ、あたしも早く芝居したいなあ。
最近プレッシャーか何か分からんが、
胃の調子が良くない。。。顔もぶつぶつ出来てるし悲しい
もうすぐ6月。
朗読と芝居の稽古と衣裳とバイト。
やったるでぃ。
| あきこ | STAGE | 01:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
NYLON100℃ 『カラフルメリィでオハヨ』
11日のソワレを観てきました。
4回目の再演ということですが、私は今回が初見です〜。
ネタバレ含みますので、これからご観劇の方はご注意を!

いつも思いますが、やっぱりナイロンの役者さんはうまい!!!
パワーがある。憧れます。
おととしくらいから村岡希美さんが好きー。
今回も素敵だな〜おもろいな〜って思いました。
しれ〜っと面白いことするから本当に面白い。
好きな役者さん達も客演で出てて。
山崎一さん、三上市朗さんすてきだったし
しんぺーさんかわいかったし。

なんだかまだ上手く書けませんが、
1つの物語が流れていくというよりも、
バラバラのパーツがぽんぽんと出てきてそれが1つになっていく感じ。
しかもその出来上がったのがきれいな形じゃないというか。
ところどころ間があいてたり、でっぱってたり…という印象。
ケラさんの作品はそういう印象をうけますが、
『カラフルメリィ〜』は特にそういう印象を強く受けました。
ちょっと暗転多かったけど(笑)。
観客を裏切る感じがいいよな〜。
あと最初の映像がかっこよかった。いつものことだけど。さすが。
舞台にぴったりはまってて。不思議な感覚になりました。
ほんとすごい良かった。
音楽と映像は毎回すごいな〜と思う。センス良い。
衣裳もかわいかったです。特に患者の服。

そして1年4ヶ月(たしか)ぶりの舞台の大倉さん。
痩せた?と思ったけど、誰にも賛同してもらえませんでした(笑)。
気のせいかなー痩せたと思うんだけど。
お父さんへの話しかけ方が好きでした。優しい感じで。
想いが感じ取れるような。
ただ、個人的には前作の消失の方が好きでした。うん。
最後、イヤイヤ踊ってるのが見て取れて笑ってしまった。
一緒に行った友人に
「大倉さん出てくるとニヤけてた」と指摘をうける。…悪い!?
ちなみに三上さんでもニヤけてましたけども。

あー面白かった!

それにしても。
観客席にもスタッフさんにもバイト先の方々が…。
偶然とはいえ、集まりすぎだろ(笑)!と思ってしまった。
一方的に緊張しながら観ることになってしまいましたん。
あ、あと好きな俳優さんも観に来てました。久々見れて嬉しかった〜◎
| あきこ | STAGE | 05:05 | comments(6) | trackbacks(0) |
素晴らしい!
今まで舞台を観てきて。
何本か、自分の中で衝撃を受けた作品があるわけです。
そして、幸せなことにまた最近そんな作品と出会えました。
「PARCO歌舞伎 決闘!高田馬場」。

三谷さんの作品は、大好きで今までも何本か観てきましたが。
今回はその中でも特にすごい!と思いました。
歌舞伎ってこともあったのでしょうが、演出が今までとは違う感じがしました。
特に終盤のスピード感がすごかったのです。
高田馬場に向かって走るスピード感と、シーンが移り変わっていくスピード感。
それが本当によく混ざり合って、どんどんどんどん盛り上がっていく。
回転舞台、せり、照明、音、幕…その他全てのことがとても効果的で。
また、早拵えがほんとにすごい!
どうやってんだろう。信じられない。
だって袴から袴の早拵えなのに30秒とかからない。信じられない。

そしてもうひとつ、とても自分にとって大きかったのは、
「役者さんたちが本当に楽しんでいる」っていうことなのです。
25日間、ほとんど昼夜2回公演、休演なしという
過酷な公演スケジュールにも関わらず、
舞台から楽しくて仕方がない空気ががんがん伝わってくる。
それを観てる方も本当に楽しくなる。
こんなに役者さんが楽しんでる空気が伝わってくる舞台は
あまり観たことがありません。

なんだか目が覚めた感じがしたのです。
最近、何故か分かんないんだけど、あたしは楽しむことを忘れてる気がして。
なんかシビアにシビアになってきちゃってるというか。
でもそういう風にキリキリ創ったものなんて面白いわけないよな、と。
確かに現実問題として、いつかバイトとかしないで
芝居だけで生活できるようになりたいし
(もちろんそれだけの力はまだまだないけど)、
歳はどんどんとっていくし、厳しいこと言われたり、
ツライ批判を受けたりもするけど。
でもキリキリするほどのことしてないしな…。
なんて未熟者。なんてちっちゃいんだろう。自分。

昔、ちっちゃい頃にピアノの先生に言われたのです。
「自分が弾いてて感動できないものに、人は感動しないよ」と。
それと一緒で楽しんでやってないものを観て、
お客さんは楽しいわけがないよな、と
今回、高田馬場を観て改めて感じたのです。

難しいことを考える前に、もっと素直に創る楽しさを感じようと。
確かに、努力はもちろん必要だけど。才能もあるけど。
好きこそ物の上手なれ。
好きで努力するのと、いやいや努力するのとじゃ大違いだからね。
や、もちろん、いやいや稽古してるわけじゃないけど(笑)。

そして、歌舞伎を今まで1度しか観たことのない私でしたが。
今回、歌舞伎役者さんにとてつもない魅力を感じました。
こんな私が言うのも生意気ですが、パワーがすごいというか。底力を感じる。
歌舞伎観に行きたいな。と思いました。

素敵な作品、素敵な役者さんと出会えて、本当に幸せです。
まだ興奮冷めやらぬ感じです。
友達にWOWOWのDVD借りたら、週一で上映会したいと思います(笑)。
だって観ると元気でるんだもの。

あ〜書いても書いても書ききれない!
久々の長文になってしまいました。
最後まで読んでくれた人、ありがとうm(__)m
それだけ感激したってことで。
人生初のトラックバックもしてしまいましたたらーっ
楽しんで。頑張ろう。
| あきこ | STAGE | 18:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
衝突安全ボディー 『サヨナラ』
先輩の劇団がパルテノン多摩小劇場フェスティバルに出場。
今日が公演日だったので観てきました。
この演劇祭はほんとに出ること自体がとっても難しい。
審査を重ね、選ばれた5団体しか出られないのです。
前からちょくちょく観に行っていた演劇祭に、
知り合いの劇団が出るなんてかなり興奮してしまいました。

衝突さんは、ダンスシーンがよく(というか必ず?)入るので、
そういったシーンはパル多摩の大きめな舞台だと
ますますかっこよかったです。
大きな舞台だからいいところ。
小さな舞台のほうが伝わりやすいところ。
後ろの方の席から観ていたから、そういうことを感じながら観てました。
初演の『サヨナラ』も観たのですが(今回は再演)、
今回の方がよりじーんときた感じがしました。
いつ観ても、いろんな点でセンスのよい劇団だなぁと思います。

ボーナスストレッチもいつか出場したい!と心新たに思うのでした。
そして明後日から稽古だわ。
がんばんべ。
| あきこ | STAGE | 01:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
AGAPE STORE 『BIGGER BIZ〜絶対絶命!結城死す?〜』
作/後藤ひろひと
演出/G2
出演/松尾貴史 三上市朗 八十田勇一 松永玲子 坂田聡 後藤ひろひと
   粟根まこと(声の出演)
全労済ホール スペースゼロ
---------------------

2001年に初演された「BIG BIZ〜宮原木材危機一髪!〜」
そして2003年に初演された「BIGGER BIZ〜絶対絶命!結城死す?〜」。
で、2006年に3部作の完結編「BIGGEST BIZ」の公演が決定。
それを記念(?)して、「BIGGER BIZ」の再演が今年されたのでした。

「BIG〜」も「BIGGER〜」も観ていない私は、
スペシャルステージなるものに行きました。
内容は。
「BIG〜」のビデオ上映+出演者のトーク+「BIGGER〜」の再演。
全部で5時間という長さだったけど、とんでもなく楽しかったので
全然疲れませんでした。というかあっと言う間。

とにかくいろんなピンチをことごとく上手く乗り越えていく。
それがおっかしいのなんの。爽快で。
1人も無駄な人がいなくて。
それがひとつになって大きなことをやってのける。
でも決して必死に頑張ってるんじゃなくて。
わーわードタバタやってるうちにすごいことやってやった!みたいな。
ストレスたまってる時には最高ですね、こういうの。

それにしても、松尾さんの芸達者ぶりはすごいです。さすが。
何種類声もってるんだ!?って感じ。
あたしの好きな松永さんは、今まで観た中で一番すごい役だった(笑)。

BIGGEST BIZ楽しみだな〜。
ふだん舞台観ない人でも絶対楽しめると思うんで、おすすめです。
「BIG〜」「BIGGER〜」観てなくても楽しめるよ。

やっぱり後藤さんとG2さんのコンビは最高だなぁ。
| あきこ | STAGE | 02:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
阿佐ヶ谷スパイダース『悪魔の唄』
作・演出/長塚圭史
出演/吉田鋼太郎 山内圭哉 小島聖 伊勢志摩 池田鉄洋
   中山祐一朗 伊達暁 長塚圭史

-------------------

24日、マチネ観劇。
救いのないような話だけれども、その中に登場人物それぞれの
とても強い想いがうごめいてる感じ。
そうね、「人の想い」ってのを強く感じました。熱かった。
長塚さんの作品をよく観るようになったのは最近なんだけど、
うーん、好きだわ。
それにしても特殊効果がすごかった。
ドアが急にびよーんって伸びたり。その直後には堅い木に戻ってる。とか。
携帯電話持ってたのにいつの間にか手から消えたり。また現れたり。
不思議なことがたくさん起きました。
今回はホラーってことだったんだけど、
最後の方のシーンで、窓の向こうに軍歌を歌っている人がびっしり!
っていうシーンがあるんだけど、それがめちゃ怖かった。
思い出して夜中怖くなりました。

こないだ友達の舞台観た時に
「舞台でホラーって難しい」って思ったんだけど、
『悪魔の唄』は「舞台のホラーってこういうことか!」と
感じました。ちゃんと入り込めた。
それはきっとそこにちゃんと人間の感情があって、
その感情が観客が納得できるものだったからだと思う。
少なくとも私はそう感じました。

楽しめたし、ずっしりと後に残る作品でした。
大満足。

続きを読む >>
| あきこ | STAGE | 02:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
Piper 『スプーキーハウス』
作・演出/後藤ひろひと
出演/川下大洋 後藤ひろひと 山内圭哉 竹下宏太郎 
   平田敦子 廣川三憲 楠見薫 篠原ともえ 石丸謙二郎
---------------

大好きな後藤さんの作品。
うーん、でもいつもほどはのめり込めなかった。
役者のせいか、、、演出のせいか、、、。
本は面白いとおもったんだけど。
しかしながら。
山内さんはやっぱりすてきー。うまいし。かっこいいし。
後藤さんはやっぱりすごいー。独特。たまらん。
そして。
竹下宏太郎さんは元米米CLUBのダンサーで振り付け師。
そして今はPiperのメンバーに。びっくり。
思ったんだけど、体使える人って踊ってない時でも体のこなしが違うね。
体の訓練も大事よね〜と改めて思う。
カーテンコールで「よろしくお願い申し上げましょお!」って言ってたけど。
それって石井さんがよく米米のライブん時に言ってたよなぁ(笑)。
ぱくってるー!と思ってしまって笑った。

うーんと思ってしまった点もあるけれど、
やっぱり構成とかすばらしいなぁと思った。
とても動きの多い演出で、しかも効果的で。
後藤ワールドは独特だなぁ。好きだぁ。
| あきこ | STAGE | 03:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
NYLON100℃ 『消失』
作・演出/ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演/犬山イヌコ みのすけ 三宅弘城 大倉孝二 松永玲子 八嶋智人
紀伊國屋ホール
---------------

やっと観てきました。待ちに待った「消失」。
そんなにたくさんナイロン観てきたわけではないけれど、
今までの作品と比べると、とても「じっくり」を感じる作品でした。
ポップさが少ないというか。うまく言えないんだけど。

もちろん笑いはたくさんありましたが。
それ以上に含まれているものが大きいというか。

3時間の作品を6人で。
すごい。
しかも全然長く感じなかった。
観ていて集中も途切れなかったし。
テンポがいい。緩急もしっかりついている。
改めて。うまい。


愛したひと。 愛したこと。
愛した気持ち。 愛された気持ち。
大事なもの。 大事なこと。
想い。 思い出。 

いつかは全部消えちゃうんだ。
どんなにつなぎ止めておいても。
いつかは。全部。消えちゃうんだ。
あたしが死んで。何百年も経って。
そしたら消えちゃうんだよ。どんなに強い気持ちも。
どんなにつなぎ止めようとしても。
それが現実。


そんな事を思い。切ないー。
ナイロンの芝居観たあとっていろいろ思うんだよね。
見終わってからも楽しめるっていうか。
だから好きなんだな〜って思う。体にね、残るんだ、何かが。いろいろ。
| あきこ | STAGE | 04:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
ニュアンス工場 『Re:愛が欠けると』
作・演出/大野敏哉
神楽坂die pratze
---------------

友達の出演した舞台。21日に観てきました。
とある島の教会が舞台で、
キリスト教の神の国の話をモチーフにした作品でした。
神の国の話っていうのは。
「この世の終わりにイエスキリストが再び地上に降り立ち、最後の審判を行う。
その時、神の支配があまねく行き渡り、誰もが永遠の生命を得る神の国が実現される。」
ということらしいです。パンフレットより。
ホラータッチな作品でした。

ホラーを舞台でやるのって難しいなぁと思いました。
なにしろ亡霊も生身の人間がやっているのが目に見えて分かるし、
しかも小さな劇場だったので、客席と舞台が近いとなおさら。
あと、登場人物が多く、関係を把握していくのがけっこう大変。
どういう視点から物語を見ていけば良いのかが分かりづらく、
あまり集中して観ることができませんでした。
役者さんはまぁ良かったのですけど。
でもまとまりがもうちょい欲しかった感じでした。


ちなみにまた有名人と遭遇。
やるせなすの石井さん。
作・演出の大野さんってけっこうTVの書いてんのね。
「世にも奇妙な物語」とか。「ナースマン」とか。いろいろ。
きっとその関係で来てたんだろうけど。
あんなちっちゃいとこにも来るのねぇ。
| あきこ | STAGE | 19:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from akkw_i1i2. Make your own badge here.
●INFO● 
[公演情報]
!!!NEW!!!
1110プロヂュース vol.3
『COUPLE』

脚本/演出 川口俊和

2012年6月21日(木)〜24日(日)
21日(木)14:00/19:30
22日(金)14:00/19:30
23日(土)14:00/19:30
24日(日)13:00/17:30

下北沢 小劇場 楽園

舞台は民家。
通夜明けの一室。
結婚して一週間で夫に先立たれた妻と
その家族達。
妻は夫が亡くなったというのに
終始笑顔が絶えない。
夫の家族達はそんな妻の
態度が気に入らない。

そこへ現れた見慣れぬ弔問客と
一匹の犬。

実はこの犬、
死んだ夫の仮の姿だった。


【出演】
島田紗良・本東地勝
ハヤシスシロー
堀畑杏奈・若松大輔
板橋廉平・小林美穂
渡邉亜希子・リベロ
野方美紗子


     
【チケット】
当日・前売/ 3000円
カップルチケット/ 5000円
平日昼割/ 2500円

チケットのご予約はこちら!
---------------------

!公演終了!
たくさんのご来場
ありがとうございました。


ウカレコーポPRESENTS
「Wブッキング」
2012年3月15・16・18日
笹塚 Blue-T

ウカレコーポWEBSITE

=====================

○◎●◎○

チケットのご予約、
お問い合せ、メッセージ等は
こちらまでお願いします☆

+ PROFILE
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ LINKS
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
おおきな木
おおきな木 (JUGEMレビュー »)
シェル・シルヴァスタイン
先日、この絵本をいただいて。すごくすてきなお話と絵でとても気に入りました。言葉で言えない気持ちが残ります…。
+ RECOMMEND
ラーメンズ DVD-BOX
ラーメンズ DVD-BOX (JUGEMレビュー »)

今いちばん欲しいもののひとつ。小林さんってすごいなあ。片桐さんおもろいなあ。
+ RECOMMEND
カワイイもの好きな人々。(ただし、おじさんの部)
カワイイもの好きな人々。(ただし、おじさんの部) (JUGEMレビュー »)
山下 哲
仕事帰りに読むと疲れが和らぎます。
様々なおじさまが各々カワイイと思うものを紹介しています。みんなおじさんってとこがいいよな。
ちなみに大好きな小日向さんがご自宅でめだかを愛でる姿も載ってます。かわいい!こひさんが。
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES